百間外伝 第11話

風船画伯、焼け野原の掘立小屋に死す

風船のように空に消えた版画家。戦前は奇抜な画想が、百間のほか日夏耿之介や佐藤春夫らに愛され、童話や随筆などにも才筆を揮ったが、戦時に孤立し飢え渇えた。空襲で焼け出され、瓦礫の空き地にカボチャを植えて露命をつないだが、終戦翌年に力尽きた。本コラムの表題「これくん風到来」は、彼を懸命に救おうとした百間への感激のことばである。=敬称略、約1万3400字

台湾与党惨敗、対中防御線に「風穴」

東アジアのキングピン、台湾が「藍色(国民党)ウェーブ」に呑まれた。11月の地方選で南部以外の主要市県で「緑色」の与党民進党が惨敗、首都台北決戦でも蒋介石の曾孫が市長を奪回して、蔡英文総統は党主席を辞任した。2024年1月の総統選で政権交代が起きれば、3期目の習近平中国は労せずして台湾を抱き寄せられる。米国も内政干渉は難しく、日本に忍びよる孤立。=敬称略 約6100字

満目青山

思い出の海(茨木県北茨城市)

北茨城の海で偶然出くわした一組の家族、 旅館の浴衣姿で静かに海を眺めていた。 平和な時間が流れていく